ホビー・キャラグッズについて紹介していきます!

トイプレ

ニュース 特集 フィギュア 食玩 ロボット

2018年秋季アニメ『SSSS.GRIDMAN』の可動フィギュアセットが続々発売決定!

投稿日:2018年10月20日 更新日:

SSSS.GRIDMANDXアシストウェポンセット2018年秋季アニメ『SSSS.GRIDMAN』。制作がTRIGGERだけあってかなりの高評価でスタートダッシュに成功した本作品ですが、ホビートイ関連もスタートダッシュを決めて来年の春先にかけて『SSSS.GRIDMAN』で賑わっている模様です。

今更聞けない『電光超人 グリッドマン』とは

1993年4月3日から1994年1月8日まで、全39話で放送された、円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。
時代がまだ「インターネット」ではなく「パソコン通信」の時代に”コンピュータワールド”を舞台に戦う全く新しい世界観とヒーロー像が回を重ねるごとにユーザーに受け入れられてゆくも、制作側の”大人の事情”によって惜しくも打ち切られてしまった残念な意欲作として特撮界隈では有名だったりします。

あらすじ

中古パーツを集めて組み上げたコンピュータ”ジャンク”を介して地球にやってきたハイパーエージェント グリッドマン。
「ハイパーワールド」と呼ばれる異次元空間からパソコン通信の世界「コンピュータワールド」へと逃亡してきた悪魔 カーンデジファーを倒すため、グリッドマンとともに少年少女が共に戦う姿を描く。

発売が予定されているグリッドマンの数々!

『SSSS.GRIDMANDXアシストウェポンセット』

【商品仕様】材質:ABS&PVC/塗装済み合体トイ/ノンスケール/専用台座付属/全高:約140mm(グリッドマン本体)/原型制作:アストレイズ

グッドスマイルカンパニーからグリッドマンの可動フィギュアと劇中に登場するアシストウェポンがセットになった『グリッドマンDXアシストウェポンセット』。
劇中のグリッドマンとアシストウェポンのアクションが全て再現可能な豪華で贅沢なアイテムとなっています。
発売時期は2019年4月 価格は16,500円(税込)から!

『Actibuilder SSSS.グリッドマン』+『Actibuilder SSSS.グリッドマン DXアシストウェポンセット』

メガハウスが新たに展開する「組む・遊ぶ・飾る」をコンセプトにした可動フィギュアブランド『Actibuilder』の第一弾として『Actibuilder SSSS.グリッドマン』が登場する模様です。
可動部分30箇所に加え、原作をさらにディテールアップしたような細密な造形が魅力的です。
さらにメガハウスからもアシストウェポンが全て付属した『Actibuilder SSSS.グリッドマン DXアシストウェポンセット』も発売とこちらも捨て置けない豪華で贅沢なアイテムとなっています。
発売時期は2019年3月下旬 価格は通常版が5,670円(税込)DXアシストウェポンセットが18,114円(税込)から!

『スーパーミニプラ 電光超人グリッドマン』

今期放送されている『SSSS.GRIDMAN』の原型ともなった「電光超人グリッドマン」がバンダイの食玩『スーパーミニプラ 電光超人グリッドマン』として登場します。
小さいながらにバンダイの最高技術が詰まった作りがい満載のシリーズです。
発売時期は2018年11月末 価格は4個セットで6,480円(税込)から!

グッドスマイルカンパニーにバンダイ傘下のメガハウスがこぞって”全部のせ”のアシストウェポンセットを発売するなど『SSSS.GRIDMAN』への注目度の高さが伺えます。
記事を作成中の現在では第2話が放送され、早くも”剣型武器”グリッドマンキャリバーが登場しています。
剣を大きく見せるパースなど往年のロボットアニメ「勇者シリーズ」がどストライクな貴方に是非オススメな作品です!
合わせて豪快に買うも比較検討して財布と画策するもよし。
”男のメカ魂”をくすぐりまくる『SSSS.GRIDMAN』本編とともにホビートイも合わせてチェックしておきたいですね!

プレミアムバンダイ


これが円谷の最終兵器グリッドマンか〜

さすが電光超人、時代を先駆けすぎて誰もついてこれなかったのが残念ね

リベンジなるかな〜

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
©GOOD SMILE COMPANY ©MEGAHOUSE ©BANDAI

-ニュース, 特集, フィギュア, 食玩, ロボット -, , , ,

Copyright© トイプレ , 2018 All Rights Reserved.