ホビー・キャラグッズについて紹介していきます!

トイプレ

ニュース プラモデル

【ヘキサギア】密林戦仕様モデルの『バルクアームα』と『アーリーガバナー Vol.1』が2019年3月に登場!

投稿日:2018年11月8日 更新日:

密林戦仕様モデルの『バルクアームα』と『アーリーガバナー Vol.1』コトブキヤの展開するキットブロック『ヘキサギア』シリーズに、密林戦仕様モデルの『バルクアームα』と『アーリーガバナー Vol.1』が発売される模様です。
深緑のカラーリングがよりミリタリー感を演出してくれています。
また、密林戦仕様モデル用に付属パーツも一新されていてその点も気になりますね。

『ヘキサギア バルクアームα 密林戦仕様』のパッケージ内容

【商品仕様】製品サイズ全高:約190mm/パーツ数:201~400/素材:PS・ABS/原型製作:毛利 重夫、株式会社プロスリンク、KOTOBUKIYA
2019年3月発売予定 価格は6,480円(税込)から。

ヘキサギア バルクアームα 密林戦仕様

パーツラインナップ

【機体解説】
かつて勃発した企業間抗争において幅広い活躍を見せたバルクアームα(アルパ)。全世界に普及した同機はデベロッパーによる標準仕様とは別に、サードパーティーによる幅広い特別仕様が生み出されたことにより派生機も多く誕生した。密林戦仕様と呼称される本機体においては密林のような樹木に囲まれた空間での取り回しを考慮し、主武装である120mm砲の代わりに砲身折りたたみ式の榴弾砲や小型のライフル砲、啓開用のアックスを装備した仕様である。また派生元とは異なる点として頭部センサーユニットが索敵機能を強化したモデルを採用している。

【搭載武器】■フォールディングキャノン ■バトルアックス ■ロングライフル

引用元:コトブキヤ

『アーリーガバナー Vol.1 密林戦仕様』のパッケージ内容

【商品仕様】製品サイズ:全高 約76mm/パーツ数:51~200/素材:ABS・POM・PVC(非フタル酸)/原型製作:桑村 祐一
2019年3月発売予定 価格は2,808円(税込)から。

【設定解説】
アーリータイプと呼ばれるガバナーの装備品においてはその普遍性から様々な企業が同種のものを供給しており、状況に応じてカラーリングも豊富に用意された。本項にて触れる密林戦仕様と呼ばれるそれは、名称の通りジャングルなど密林での活動を想定したものである。バックパックをはじめ小隊単位の単独行動に不可欠な様々な支給品は、所属する企業によって細かな差異はあるものの大きく変わることはない。左腕部に装着された小型情報端末は背部に装填したヘキサグラムが生み出す電力によって稼働しており、様々なネットワークにアクセスし戦域情報の確認や乗機となるヘキサギアとの連携などその用途は多岐に亘る。

【アーリーガバナーVol.1装備品】■アサルトライフル ■ブルパップライフル ■サブマシンガン ■ハンドガン ■コンバットナイフ ■チェストリグ ■アリスパック

引用元:コトブキヤ

ヘキサギアファンならずミリタリーモデルファンにも受け入れられそうな密林戦仕様モデルの『バルクアームα』と『アーリーガバナー Vol.1』、
カラーバリエーション商品とは言えカラーリングとオプションパーツでこれだけカッコよくなるものなんですね。
新たなコレクションに、
またこれから始めようという方も是非、注目いただきたいです!


ミリタリーなグリーンでカッコよさ増し増しだね〜
緑になって”ザク感”増したわね。斧持ってるし
…あれ?ほんとだ…

© KOTOBUKIYA

-ニュース, プラモデル -, メーカー: シリーズ:

Copyright© トイプレ , 2018 All Rights Reserved.