ホビー・キャラグッズについて紹介していきます!

トイプレ

ニュース 比較 特集 プラモデル

2018年春季アニメも放送『フルメタル・パニック』プラモデルのご紹介!【バンダイ&アオシマ】

投稿日:2018年2月4日 更新日:

2018年春季アニメ『フルメタル・パニックIV』に合わせて、バンダイが登場メカのプラモデル化プロジェクトを始動しました。
さらに以前より『フルメタル・パニック』シリーズのプラモデルを発売しているアオシマからも新商品が発売される模様。
今回は合わせてプレビューして行きたいと思います。

フルメタル・パニックとは

富士見ファンタジア文庫から刊行されている賀東招二著作によるライトノベル。
都立陣代高校に通う普通の高校生であるヒロイン:千鳥かなめと、発砲し・爆破おかまいなしのミリタリーマニアな大ボケ野郎 相良宗介(実は世界最強の武装集団《ミスリル》に所属するエリート兵士)が、様々な敵や”存在しない技術 ブラックテクノロジー”と巨大ロボットに乗り込んで戦うSFミリタリー長編が『フルメタル・パニック!』の本編です。
さらに、本編を補完するエピソードを収めた「サイドアームズ」や、本編とは違った”平和な日本社会”の中で主人公が引き起こす騒動をコミカルに書いた「短編」も3つのシリーズに分かれて展開されています。

上記は2018年春季アニメ『フルメタル・パニックIV』PV。

バンダイから発売のモデル

バンダイが今回展開するサイズは1/60、ガンプラで言えばこのサイズはパーフェクトグレードなどと同じサイズということになります。
しかし、設定からそもそも『フルメタル・パニック』のアーバレストは全高8.5m。
対してRX-78-2ガンダムが全高18.0mとアーバレストは半分のサイズしかありません。
寸法としては1/144サイズのガンプラより少し大きめと考えて差し支えないでしょう。

1/60 アーバレスト Ver.IV

1/60 アーバレスト Ver.IV

画像出典:Amazon

TVシリーズ第4期仕様の主役機アーバレストを1/60スケールでキット化。
股関節ブロックに引き出し式関節を採用し、膝立ちや劇中の激しいアクションシーンなどのポージングも再現が可能です。
頭部は選択式でナイフ咥えを再現、劇中で印象的な「ラムダ・ドライバ」は差替えで発動状態を再現できるほか、別売りのガーンズバックの武装も装備可能でプレイバリュー満載となっています。
メカデザイナー海老川兼武氏がデザインを手がけたプラモデルオリジナルウェポン「グラーツ・マンリッヒャー AWS2000 LDWタイプ」も付属されます。
発売は2018年4月予定、価格は3,024円(税込)から

1/60 ガーンズバック Ver.IV

1/60 ガーンズバック Ver.IV

画像出典:Amazon

クルツや宗介など多くのキャラクターが搭乗したガーンズバックが1/60スケールでキット化。
クルツが使用した「狙撃砲」や、アーバレストにも装備可能な「対戦車ダガー」など、豊富な武装パーツが付属します。
さらにメカデザイナー海老川兼武氏がデザインを手がけたプラモデルオリジナルウェポン「グラーツ・マンリッヒャー AWS2000 アサルト・カービンタイプ」が付属です。
発売は2018年4月予定、価格は3,024円(税込)から

1/60 ガーンズバック (マオ機) Ver.IV

1/60 ガーンズバック (マオ機) Ver.IV

画像出典:Amazon

メリッサ・マオ専用のガーンズバックが1/60スケールでついにキット化。
隊長機の頭部ブレードアンテナを再現。
特徴的な「大型単分子カッター」に加え、ワイヤーガンなど豊富な武装パーツが付属します。
さらにメカデザイナー海老川兼武氏がデザインを手がけたプラモデルオリジナルウェポン「グラーツ・マンリッヒャー AWS2000 バトル・ライフルタイプ」が付属です。
発売は2018年4月予定、価格は3,024円(税込)から

アオシマから発売のモデル

バンダイが1/60サイズで展開するのに対して、アオシマは1/48サイズとビッグサイズ。
サイズも1/100のガンプラと同程度のボリュームとなっています。
パーツのディテールではバンダイに軍配が上がるものの、やはり大型サイズの迫力はアオシマにありでしょうか。
しかしそこはプラモデル、造形に不満があれば自分でスクラッチすれば良いのです。

1/48 アームスレイブ ARX-7 アーバレスト& 緊急展開ブースター

フルメタル・パニック!TSR No.9 1/48 アームスレイブ ARX-7 アーバレスト& 緊急展開ブースター

画像出典:Amazon

アーバレストに緊急展開ブースターを取り付けたバージョンの発売となります。
緊急展開ブースター展示台を取り付けた状態にできるように金型改造されています。
発売は2018年4月予定、価格は5,616円(税込)から

1/48 アームスレイブ用 緊急展開ブースターセット

フルメタル・パニック!TSR No.10 1/48 アームスレイブ用 緊急展開ブースターセット

画像出典:Amazon

アームスレイブ用の緊急展開ブースターのみの販売です。
1/48 アームスレイブ ARX-7 アーバレストを既にお持ちの方はこちらを購入しても装着状態が再現できます。
M9専用の取り付け部品が付属します。
発売は2018年4月予定、価格は2,160円(税込)から

1/48 ARX-8 レーバテイン

フルメタル・パニック IV ARX-8 レーバテイン 1/48スケール

画像出典:Amazon

『アオシマ』より「フルメタル・パニック IV ARX-8 レーバテイン 1/48スケール」が登場です。
メカデザイナー海老川兼武氏直接監修の元、開発期間4年をかけ細部にまでこだわり抜いて生まれ変わったレーバテインです。
パーツは色分け整形、接着剤不要のスナップ方式を採用した組み立てやすいキットとなっています。
発売は2018年4月予定、価格は6,264円(税込)から

 

プラモデルの大手バンダイ老舗のアオシマが手がけるミリタリー色の強い『フルメタル・パニック』のメカたちを各社が競うようにキット化されている今こそチャンス!
ライトノベルから追いかけている原作ファンから2018春季アニメからチェックしようと思っているビギナーさんまで、ぜひチェックいただきたいシリーズとなっています。


 

あれ?甘城ブリリアントパークのモッフルがいる。
ボン太くんね、言うなればモッフルがボン太くんのニセモノよ。
さらに言えば「できるかな」のゴン太くんが元ネタだから、ニセモノのニセモノね。
…モッフルって一体
ボン太くんとモッフルがそっくりなのは両作品の原作者:賀東招二のお遊びだそうです。

©賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

-ニュース, 比較, 特集, プラモデル -

Copyright© トイプレ , 2018 All Rights Reserved.